弦を選ぶ

弦の入手方法ですが、日本では一般的な楽器屋さんにアイリッシュ用テナーバンジョーの弦セットが売られていることが悲しい事にほとんどありません。
D’Adrioというメーカーからアイリッシュ向けのテナーバンジョー弦は販売されているおり、Amazonとかで手に入ります。

dadario%e5%bc%a6

ちなみに私はアコースティックギター弦のバラ売りのものを買って使っています。

(通常ギター弦は6本セットで買う事が多く、1本ずつ選ぶものをバラ売りという)

 

代表的なアコースティック弦のメーカーは沢山ありますが、比較的バラ売りで買いやすい主要なメーカーを2つ紹介します。

 

ダダリオ
%e3%83%80%e3%83%80%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%a9%e5%bc%a6

先ほどアイリッシュバンジョーの弦セットで紹介したメーカーですね。
ダダリオと言いまして、一番バラ売りでサイズ展開や素材も多いメーカーだと思います。

 

エリクサー

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%a9%e5%bc%a6

最近の流行り?のエリクサーというメーカーです。

弦の金属に特殊なコーティングがされており、弦が劣化しにくく長く使えるという特徴がありますが、価格がコーティング分高くなります。

コーティングされていると指が滑りやすいのですが、抑えている感覚が気持ち悪いという人もいれば、抑えている指をスライドするのが楽という意見の人もいて、まあー好みですね。

ちなみにダダリオからもコーティング弦は販売されています。楽器屋ではあまりバラ売りを見ませんが。

 

弦の素材
弦は金属でできていますが、ニッケルやブロンズ、フォスファーブロンズというブロンズベースの混合金属などがあります。

良く使われるのはフォスファーブロンズで、煌びやかで抜けの良い、音の輪郭がはっきりとした音色です。

 

もう一方のニッケルはおおげさに言うともう少しフラットな音色で丸い感じの音になります。

ただしエリクサーの場合は素材はブロンズ系のもののみだと思います。
すみません、実はあんまりよく知りません。

 

私の場合はダダリオのフォスファーブロンズと使っていたのが、ちょっと主張が強すぎるか?という事でニッケルにしましたが、やっぱり弦ではなくて別の問題だったのかも、という事で最近またフォスファーブロンズです。

エリクサーを試した事もありましたが、たしかに長持ちするので良いのですが値段が高いので、だったら安い弦を頻繁に変えようという結論になりました。

 

弦の太さ
弦には太さというものがあります。
太いと低い音が、細いと高い音がでます。

また弦には単弦(プレーン弦)と巻き弦(ワウンド弦)というものがあって、単弦は1本の金属線の弦、巻き弦は単弦のまわりをくるくると別の弦が巻かれた形状になっています。

ある程度の太さからになると巻き弦になります。

 

弦のテンション(張り具合、太さ)はチューニングや弾き心地に大きく影響があるので、自分の好みを探っていくしか無いのですが、参考に私がよく使っているものをご紹介します。

 

↑細
012 1弦 (E ミ)
018 2弦 (A ラ)
026 3弦 (D レ)
036 4弦 (G ソ)
↓太

 

これはフィドルやマンドリンと同じチューニングでいかにもアイリッシュバンジョーという感じ!

太い方から順番に、左手を押さえないで開放弦を弾いた時になる音が、ソ(G)→レ(D)→ラ(A)→ミ(E)となります。

 

もし他のチューニングを使うなら弦の太さを変えた方がいいでしょう。また、アイリッシュバンジョーでも手の小さな人向けにネックの短いものがありますのでその場合も調整がいりそうです。

 

 

まとめ
・国内の楽器屋で買いやすいバラ弦はダダリオかエリクサー
・フォスファーブロンズはキラキラ、ニッケルはマイルド
・弦は開放で弾いて太いほうからソレラミ(GDAE)