弦を張る

弦を買ったら次は本体に張るんですが、弦の種類によって張り方が異なります。

 

弦には「ボールエンド」という弦の端にちっこいリング状の金具がついたものと、「ループエンド」という弦の端がカウボーイが馬(牛?)を捕まえる時のロープみたいな形になっているものと2種類があります。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%a8%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89

 

バンジョーに付いているテールピースがどちらのタイプかによって弦を買わないといけないんですが、弦を選ぶの記事でも触れた通り、ギターの弦を使うとすればボールエンドの弦しか手に入りません。

その為、テールピースがループエンド専用の場合はボールエンドをループエンドに変えてやる必要があります。
これがまた慣れないうちはめんどくさい!もうバンジョーやめようかと思うぐらいめんどくさい!

 

ではボールエンドをループエンドにする手順をご紹介。
結構手間のかかる作業で、全弦張るのに慣れないうちは30分ぐらいかかるので時間に余裕のある時にやりましょう。

 

①まずラジオペンチ的なものをできれば2本、最低1本用意します。
②ボールエンド金管の根っこの部分をラジペンで挟んで、金管をねじって緩めます。

110116_1833
110116_1833

 

③緩まったら弦を折らないように慎重に金管をはずします。

110116_1838
110116_1838

 

これがまた巻き弦(1本の線にグルグル巻いてある弦)が折れやすいんです。
折れたらまた買わなアカンのかい!と絶望しますが、折れた場合は僕は自分でループを作るようにしています。

110116_1842
110116_1842

写真の例は巻き弦のままループしてますが、巻かれている弦だけ少し取り除いて、芯の単線だけでループを作る方がいいんじゃないかと思います。

 

④さぁ、楽器に弦を張ります。
ボールエンドの場合はテールピースの穴に通して、ループエンドの場合はテールピースの爪に引っ掛けてペグに通します。

 

弦の巻き方は色々なんでしょうが、僕は写真のようにネックに対して90度以上巻いた状態にしてから弦をピンと引っ張ると、ひっかかって抜けなくなるのでそのままグルグル巻いていきます。

110116_1844
110116_1844

 

大体2周以上巻ければほどける事は絶対ありません。
太い弦で2周ぐらい細い弦で3周ぐらい巻く分の余裕を持たせてから巻き始めると良いと思います。

 

これを4本分繰り返します。
お疲れ様でした。できました??

めんどくさいけど、弦を張り替えるとやっぱり良い音するし演奏してて気持ちいいですよね(^^)

 

まとめ
・弦には「ボールエンド」と「ループエンド」の2種類がある。
・テールピースによってはループエンドしか張れないものがある。
・しかしギター弦はボールエンドしかないのでループエンドにしてから張る。